MENU

サノレックスは通販購入出来る?

サノレックスを通販購入して簡単に痩せたいという方へ

 

サノレックスは肥満外来に通院しクリニックや病院で処方される薬です。

 

肥満の方に食欲を抑える目的で処方されます。

 

食欲を薬で落とせるなら飲んでみたいです。

 

食欲を我慢するのは辛いですしなかなか続きません。

 

 

サノレックスで実際に痩せたという人はいます。

 

ですがサノレックスは病院の処方が絶対必要ですし、個人輸入も禁じられているので簡単には手に入らない薬です。

 

 

  • 肥満外来が近くにない
  • ダイエット外来に通うほどの肥満ではない
  • 簡単に痩せたい
  • 我慢するダイエットは嫌だ
  • サノレックスは体に合わなかった
  • サノレックスが通販で買えないなら他の食欲抑制剤が飲みたい

 

という方へのおすすめの痩せやすくなる薬をご紹介します!

 

どうしてもダイエットを諦めたくない、食欲が抑えられないけど痩せたいという方におすすめです。

 

何をしても痩せられない、簡単に痩せたい、我慢したくない、食事制限はせず美味しいものを食べながら痩せたいという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ゼニカルは脂肪を排出する薬として人気

 

ゼニカルは脂肪吸収を抑える事が出来、簡単に痩せたい人に人気のお薬です。

 

外来では食欲を抑えるサノレックスだけではなくゼニカルの処方もされます。

 

ゼニカルのメリットは脂っこい食事をしても脂肪分を排出してくれる事。

 

脂肪の多い食べ物が好きでガマンしたくないけど痩せたい方にはぴったり!

 

食欲を抑える食欲抑制剤の作用よりも脂肪を排出するのがいいなと思うならゼニカルを選ぶといいでしょう。

 

 

 

 


ゼニカル

 

ゼニカルは食べた食事の脂肪分30%を外に出してくれる薬です。

 

食欲を抑えるサノレックスとは違い直接的に摂取カロリーを控える事が出来ますので本当に痩せたい人におすすめの薬です。

 

ゼニカルは重篤な副作用がほぼ無いですので安心です。

 

 

 

 

 

オルリファスト 

 

オルリファストはゼニカルのジェネリックです。
ジェネリックなのでゼニカルに比べると安く購入出来ます。

 

今ある脂肪を落とす作用ではありません。摂取した脂肪のうち30%を排出する作用があります。
脂肪分の多い食品を好む方、若い時と同じ食事内容だという方にも適しています。

 

 

サノレックスとゼニカルを比較

 

サノレックスもゼニカルも痩せる薬としてとても知名度が高いので比較してみます!

 

 

サノレックスはゼニカルとよく比較されていますが、この二つの作用はそれぞれ違いますので自分に適したのを服用するのがいいでしょう。

 

項目 サノレックス ゼニカル
効果・効能 食欲抑制 脂肪吸収抑制
副作用 重篤 依存症になりやすい 下痢 ビタミン不足
個人輸入 医師の処方必須のため不可 可能

 

サノレックスとゼニカルの効果の違い

 

サノレックスとゼニカルの効果は何が違うのでしょうか。

 

サノレックスは食欲を減退する効果があるため、普段から食事量が多い人が食事を減らしてダイエットを行う場合に適しています。

 

医師が処方して飲むことは可能ですが、副作用を伴いますし向精神薬なので長期に渡り飲むことは避けたいお薬です。

 

一方、ゼニカルは食事に含まれる脂肪分の吸収を妨げて排出させながら脂肪の蓄積を抑える効果があります。

 

脂っこい食事を摂っても痩せられるので人気なのがゼニカルです。

 

食欲を抑えるという薬効はありませんが、ゼニカルを飲めば油の吸収を抑制するので総カロリーを抑える事になります。

 

結果的に食べても吸収されないので、食欲を抑えなければならないという葛藤はしなくても良くなるのです。

 

食べちゃだめだ、、と戦ったり、また食べちゃった、、と食べた後の罪悪感もありません。

 

サノレックスとゼニカル 副作用を比較

 

サノレックスとゼニカルの副作用は大きく違います。

 

サノレックスには依存症になる可能性があり長く飲むのは避けるため医師が処方しても3か月です。それだけ体に負担を与える薬という事。
副作用から見ても食欲を抑えられてもあまり飲みたいとは思わないです。

 

ゼニカルは下痢になるのが気になりますがサノレックスと比べれば断然体への負担は少ないです。

 

サノレックスとゼニカル 通販で買えるのはどっち?

 

簡単に買えるのはサノレックスではなくゼニカルです。
病院に行って処方してもらうのは面倒だという人にはゼニカルがいいでしょう。

 

サノレックスとゼニカルを比較するとゼニカルがおすすめ!

 

 

効果、副作用、簡単に買えるかを比較してみましたがトータル的に見るとゼニカルがおすすめです。

 

いくら痩せたくても体への負担は極力避けたいですからね。

 

簡単に購入出来るという点からもゼニカルを選択するのがいいでしょう。

 

>>ゼニカルはこちら

 

サノレックス以外の食欲抑制剤

 

サノレックス以外にも食欲抑制剤はあるのでご紹介します。

 

ファスティン

 

ファスティンは食欲を抑えてくれます。そのため摂取するカロリーを低く出来ダイエットの効果を得られるという仕組みです。
他、サーモRXが代謝を促すので脂肪を燃やす働きもあります。
ファスティンは脂肪専門医が開発していてサノレックスの効能である食欲抑制剤に近い作用がありますが処方箋が不要です。

 

成分は活性フェニルエチルアミンアルカロイド。脳内伝達物質に働きかけ食欲が爆発する事を抑えます。

 

 

 

 

リポドリン

 

アメリカで10億錠も驚異的に売れているのがリポドリンです。さすがアメリカは肥満の人の人数が多いので人気が高いです。リポドリンの効果で最も注目されているのが食欲を抑える事。
さらに体温を上げる作用もあり脂肪を燃やしてくれるのです。エフェドラエキストラクトという成分が発汗、脂肪燃焼、食欲を抑える働きをします。

 

緑茶抽出成分、カフェインが脂肪燃焼として作用し、満腹感をもたらしてくれます。
リポドリンはダイエットが上手に出来ない人、ストレスで太ってしまった人などに適しています!

 

 

 

 

ゼロファットA(フーディア)

 

ゼロファットA(フーディア)は満腹中枢に作用するので満腹感を得る事が出来ます。
脂肪燃焼の効果があるので汗をかかない代謝が悪い、体温が低いと感じている方にも適しています。
成分はフーディアゴルドニーで食べすぎ飲みすぎがやめられない、お腹が減ってダイエットが難しいという方におすすめです。
ダイエットは空腹が辛いというイメージですがフーディアゴルドニーで食欲が暴走するのを抑える事が可能です。

 

副作用は特にないので、副作用の無いものを選びたい方にはゼロファットがおすすめ

 

 

 

 

サノレックスは市販、薬局、amazon、楽天で買えないの?

 

 

国内での取り扱いが認可されているサノレックスですが、市販品として販売されていませんので、amazonや楽天といった通販サイトで注文することは不可能です。

 

理由はサノレックスが医療用医薬品に該当するからです。医療用医薬品は市販薬とは違い、薬事法によって医師の処方が必要とされています。薬剤師がいるドラッグストアでも直接購入することはできませんから、覚えておきましょう。

 

入手ルートは、医師が常駐するクリニックや病院に限られています。

 

サノレックスは向精神薬に該当しますので、個人輸入の代行業者を通じての購入が法律で禁止されています。サノレックス以外の食欲抑制剤は個人輸入を利用することで海外製の医療用医薬品を日本から取り寄せることができます。

 

サノレックスは通販出来ないから他の薬が飲みたいという方へ

 

食欲抑制作用によって減量を促すことができ、ダイエット薬の一つとして知られているサノレックスは、通販を利用して手に入れることができない製品です。

 

もし、病院に行かずにダイエットをしたいと考えているのであれば、ファスティン、リポドリン、ザントレックス3ファットバーナーの3品がサノレックスの代わりとなり得るでしょう。

 

ファスティンはアカシアから抽出されたフェニルエチルアミンと呼ばれる有効成分に食欲を低下させる作用があり、リポドリンはエフェドリン、緑茶エキス、カフェイン、フーディアなどの成分によって、脂肪燃焼を助けるとともに食欲や糖分に対する欲求を抑えることができます。

 

ザントレックス3ファットバーナーにはロディオラロゼアやシトラス、シベリア人参など10種類以上の有効成分のはたらきによって、食欲抑制や脂肪燃焼を促し、運動前に服用することで筋肉の生成量を増やす効果も得られます。

 

サノレックスを個人輸入出来ない理由って何?

 

サノレックスを個人輸入出来れば簡単にダイエット出来ますが残念ながら不可能です。

 

外国製の医療用医薬品を通販サイトから購入する場合は、用法と用量からみて1ヶ月分に相当する数量を超えなければ、個人輸入とみなされ、通常の通関手続きで国内に持ち込むことができます。

 

多くの外国製医薬品はこの仕組みを利用すれば簡単に手に入れられますが、サノレックスについては医療用医薬品でありながら個人輸入不可能となっています。

 

その理由は、サノレックスの有効成分であるマジンドールが日本の麻薬及び向精神薬取締法において第3種向精神薬として規制の対象となっているからです。

 

麻薬取締法で規制の対象となっている成分を含む物質は、たとえ医薬品として用いるものであっても、一般の個人が輸入するのは違法行為にあたります。仮に輸入すると、購入者本人、個人輸入代行業者、医薬品通販サイトの運営者はみな処罰の対象となります。もし、サノレックスを扱っている通販サイトを見つけたら、地方厚生局に問い合わせて報告しましょう。

 

サノレックスどんな効果や効能があるの?

 

サノレックスには食欲を抑える効果があるので1人で食欲をコントロール出来ない人にピッタリです。

 

サノレックスの有効成分であるマジンドールは、日本では食欲抑制剤として認可されており、服用をすると摂食行動の抑制と消化吸収の抑制によって摂取エネルギーを減少させる効果や、体内のグルコース利用の増加と熱産生の促進によって消費エネルギーを増やす効果、代謝変動を改善する効果を得ることができます。

 

しかし、サノレックスは一般の人に処方されることはありません。この薬が用いられるのは、肥満度がプラス70%以上もしくはBMI(ボディマス指数)が35以上の高度肥満症の患者の治療を行う場合のみです。肥満症の治療は、食事療法と運動療法が併用されることが多いですが、ここにサノレックスの作用が加わることで、これらの治療の効果が高められる可能性があります。

 

サノレックスの飲み方とは

 

ではサノレックスの飲み方をご紹介します。

 

サノレックスは、1日1回、昼食前に1錠、量にして0.5mg分を服用します。もし、この用法で効果があまり出ないようであれば、1日の服用量を1.5mg(3錠分)まで増やすことができます。2錠以上用いる場合であっても必ず1錠ずつ、食事の前に服用しましょう。

 

サノレックスは小児に対する使用は禁忌となっており、服用できるのは成年に達している人のみです。

 

また、妊婦および妊娠している可能性がある人も禁忌となっているため、女性が服用できるのは妊娠の兆候が全くない場合に限られます。

 

依存と肺高血圧症のリスクがあることから、服用することができる期間は最大で3ヶ月間となっており、飲み始めてから1ヶ月経っても効果があらわれる様子が無い場合は服用を中止し、別の薬を使用することを検討しなければなりません。

 

サノレックスの副作用について

 

サノレックスにはどんな副作用があるのでしょうか?

 

サノレックスは2007(平成19)年に日本で製造販売が承認されており、医師の処方箋があれば薬局で購入することができます。しかし、日本では向精神薬および劇薬となっていることから、処方された人は副作用に注意しながら服用しなければなりません。

 

サノレックスの副作用として比較的起こりやすいのは、口渇感、便秘、悪心、嘔吐、睡眠障害、胃の不快感で、この程度であればしばらく服用を中断すれば症状が改善されていくでしょう。
ただし、ごくまれに肺高血圧症、そう痒感、発疹の症状が起きることがあり、症状を自覚した場合はすぐに服用を中止する必要があります。

 

しかし、副作用の中で最も注意が必要なのは依存、つまり薬に頼りきりになってやめられなくなってしまう症状です。依存症にかかると、急に服用を中止することで不安や混乱、幻覚などの症状があらわれる可能性があります。サノレックスを服用する際は、必ず用法と用量を守る事が大事です。

 

サノレックスで本当に痩せた人はいるの?

 

サノレックスで痩せたという方は肥満外来に通院したという方です。

 

肥満体型の改善に役立つサノレックスを実際に使っている人は、確かに存在します。

 

サノレックスを飲んだという事は元がBMIが35以上の肥満なのです。

 

食欲を抑制するのは確かですがBMI35以上の方以外は残念ながら通販で買えません。

 

どうしても薬で痩せたいならサノレックス以外の食欲抑制剤か脂肪を排出してくれるゼニカルをおすすめします。

 

サノレックスの体験した人の話を一応ご紹介しますがなかなか簡単に入手できない事をご了承下さい。

 

サノレックス2ヶ月くらい使い続けた人の口コミ

 

1ヶ月が経過した時点で4〜5キロ程度の体重が減り、2ヶ月経過した時点では11キロの減量に成功しています。都内の美容外科クリニックでサノレックスを処方してもらって実践しました。

 

クリニックの医師からは1ヶ月で2〜3キロくらい体重が減ると説明を受けていましたが効果はそれ以上です。

 

優れているのが短期間の効果ではなく、2ヶ月継続しても効き目が弱まること無く、最初の1ヶ月目とほぼ同じくらいの効き目が発揮されている部分です。確かに痩せられる薬だと判断できるでしょう。

 

サノレックスで7kg痩せました

 

医師から処方されたサノレックスを服用したことがあり7キロくらい減量に成功しました。

 

163センチの身長に対して、57キロの体重です。極端に太っているようには見えない体重ではありますが以前は47キロだったこともあり、当時かなり焦っていたことから、服用を決断しました。

 

そのうちに65キロまで体重が増えてしまった時にサノレックスを利用したところ、一時的には確かに痩せられたものの、しばらく時間が経過した後で、再び太ってしまいました。

 

私の知人がサノレックスで痩せたという口コミ

 

知り合いがサノレックスを服用した時の体験談をブログで紹介している人がいます。

 

美容外科で処方されたサノレックスを服用開始して1ヶ月間くらい試したところ、痩せられるのは事実ですが、副作用に悩まされたため、結局長くは続けずにそこで服用をやめています。

 

実際に起きたのが、食べ物をとるのが気持ち悪くなるという副作用です。

 

食欲が無くなるというよりも、気持ち悪さが強くあらわれるイメージで、食べ物を受け付けなくなるほどの状態になっています。

 

また、精神的に不安定になる副作用に不安を感じるようになり、怖くなって結果的にそれ以上の服用を断念しているといったところです。不眠の症状や依存性といった他の副作用も出ています。